Q&A       home
              

 このようなワークショップに参加するのは初めてなのですが・・・。
このサイトの他のページを見ていただいた印象はいかがでしょうか?
そこに、何か役に立ちそうな感じがする、自分と感覚的に共通するものを感じる、興味がある、やってみたい・・・、などの気持ちを抱いていただいたなら、それで十分だと思います。
今まで参加された方の体験報告からみると、ワークショップを有効に活用していただく上で、前もって専門的な知識や経験があるかないかは、ほとんど関係がないようです。
ご自分の「参加してみたい・・・」という気持ちや感覚を尊重してあげるとよいでしょう。


Q ワークショップの内容を録音してもいいですか?
ご自由にどうぞ。
エネルギーワークの実習は段階的に進めてゆくので、この部分を録音しておかれると全体としてテープコースのようになります。使い方はご自由です。

たとえば・・・、
〇 エネルギーワークの手順に慣れるまで、補助的にテープを聞きながら練習する

〇 眠る前に再生してそのまま眠りにつく

〇 友人と数人で集まってテープを再生しながら、一緒にエネルギーワークをする

〇 内容を書き起こしてヒプノセラピーに応用する・・・など、
皆さんそれぞれ、いろいろな使い方をされているようです。

なかには実習だけでなく、解説や他の話題について話している部分まで録音される方もおられます。
また、「十年くらい前に参加した時のテープを今でも時々聞いている」という方、「数年前のテープに去年はいろいろと助けられた」といった体験を知らせて下さる方もあるんです。
僕自身、こうした貴重な体験報告から学ばせていただくこと、助けられることがさくさんあります。


Q 服装や持ち物、昼食などはどのようにしたらいいですか?
身体を動かすようなエクササイズは行ないませんので、普段着ていらっしゃる楽な服装であれば、何でもかまいません。
クッションを置いたカーペットの上に座っていただきますので、女性の方は短いスカートでない方がいいと思います。(こちらで着替えていただいてもいいでしょう)
ひざ掛けなどもご用意しています。
また、椅子が必要な方は事前にお知らせください。
持ち物に関しては、メモ帖程度の筆記用具(二日目に使います)、録音する場合は、レコーダー。
こちらでもハーブティー、お水は用意しておりますが、ご自分でお好みの飲み物やスナックなどをお持ちになってください。

昼食は、皆さんと一緒に近くのファミリーレストランに行きます。ワークショップ進行の関係で、1時半〜2時頃になってしまうことが多いので、できるだけ朝食は食べておかれるほうがいいでしょう。


Q イメージをしたり、集中したりすることがうまくできるか心配です。
エネルギーワークをする時にイメージを使う部分がありますが、自分にとって自然で楽に感じられるやり方で自由に思い描けばいいんです。
たとえば、ある状態を視覚化するのもいいし、フィーリングとしてそれを感じるのもいいでしょう。
特別なことを感じる必要などありません。
何の実感もない場合でも、「自分のより深い知性が適切にエネルギーワークを進めてくれている」と信頼して身を任せてゆけばいいのです。
それから、誘導の言葉はあくまで僕自身の表現なので、ご自分の感性に合うように自由に変えて下さいね。細かな部分を気にかける必要はありません。
ご自分の体験が誘導の言葉に近い感じで流れるのもよいし、異なった方向に展開してもいいのです。
もし、エネルギーワークの実習をしている時に眠くなってきたら、無理に目を覚ましていようと頑張らずに、深まるくつろぎに身をゆだねればいいでしょう。
眠りに近い状態で必要なことがより深いレベルで起きているのかもしれません。
また、日頃の疲れや緊張が和らいでゆくかもしれません。
自分にとって適切なときに目が醒めるでしょうし、必要なことはちゃんと吸収しているのだと思います。

ワークショップの二日間、毎回エネルギーワークの実習のたびによく眠った(?)だけだったように見えたのに、その後「自分がよい方向に変化しているのを実感してます」という手紙を下さった方が何人かおられます。(単に寝不足が解消したからでしょうか(笑)・・・)

長くなってきたので、話をまとめますね。
楽な気持ちで、まるでエネルギーの温泉にでも入りに行くつもりで来ていただければいいと思います。
温泉に入るときは、頑張らなくてもよい心地を楽しんでいれば、お湯の成分が知らない間に効いてくれますよね。あんな感じです。
これでご質問の答えになっているでしょうか。


Q ワークショップの開催は東京だけでしょうか?
基本的には、東京を中心に行なっています。
でも、参加される方が数名集まっていただければ、東京以外の地域にこちらから伺うことも可能です。
また、土日に参加することができないという方も、同じく、数名集まっていただければ、平日のワークショップ開催も可能です。
詳しくはご相談ください。


Q ワークショップの後、毎日エネルギーワークを続けたほうがいいのでしょうか?
これについても、ご自由でいいと思います。
エネルギーワークという言い方はしなくても、私たちは日頃いろいろな場面でこれと同じことをやっているんですね。
エネルギーワークは、それらをより意識的に望ましい方向に活用できるようにまとめたものだと考えることができます。
必要な能力はもともと自分がすべてもっているわけですから、ワークショップでお伝えするようなエネルギーワークを続けるか続けないかに関わらず、本質的なものが失われるということはありません。
ごく自然に、続けたいという感じがするかどうかを大切にされるといいでしょう。

そして・・・、

〇ワークショップでのエネルギーワークの実習は、それぞれが30分〜40分ですが、ご自分で続ける場合、行なう時間は自由です。5分〜10分でもいいのです。

〇思い出したときに、やりたいと感じるテーマのエネルギーワークをするだけでもいいでしょう。

〇慣れてくると、いつでもどこでもできるようになります(自宅、職場、レストラン、公園、電車に乗りながら など・・・)。
立った状態や、目を開いたままでもできます。

〇「ワークショップの後、長い間エネルギーワークをしていなかったのに、ある時思い出して久しぶりにやってみたら、以前に比べて体験や理解が深くなっているのに驚いた」という方もおられます。


★この他、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。 TEL&FAX 0422−22−0312       
home mail

             当サイトの内容・写真の無断転載、無断使用は固くお断りいたします。
              Copyright(C) 2004 Campak All rights reserved / Mail champak@dol.hi-ho.ne.jp 

inserted by FC2 system